イタリア人のキレイ好き

イタリア人は料理好き。

パスタは夏以外毎日茹でますし、サラダもたくさん食べます。

野菜のグリル、ポテトフライ。(イタリア人の家庭ではフライヤーの所持率がかなり高い)

ほうれん草やビエトラ等青野菜のソテーや茹でたものもポピュラー。これは日本人が驚く位くったくたになるまで調理します。

ミネストローネやリボリータなどの野菜のスープも良く作ります。豆を入れたり、パスタを入れたり。

お肉料理、スカロッピーネは普段よく食卓にのぼります。

薄切り肉に小麦粉をまぶしてフライパンで焼いたもので、薄切り肉なので値段も安く、ソースをバターとセージにしたり、レモンと生クリームだったり、トマトソースにしたり、と変えればアレンジもきくので手軽に作られます。

週末になり家族が集まるとなると、手打ちパスタから始まり、ドルチェまで、

よくこれだけ料理を作るな、と感心するくらいなのですが、

どこの家庭もキッチンはいつもピカピカなのです。

以前滞在したボローニャの貸しアパートのキッチン。

大掃除の後とかではなく、どんな時でも!

油汚れのこびりつきなど全くなく、イタリア人は本当にきれいに台所を保っています。

イタリア人の陽気でおおらかな性格を知っていると、これほどまで几帳面にキッチンを掃除してきれいに保つのがちょっと意外な感じです。

『一家のマンマは、自分の居場所、大切な場所としてキッチンを磨き上げるのよ』と知り合いのシニョーラはいつも言っていました。

 

イタリア人の家のごみ箱に対する考え方もちょっと面白いです。

目につくところには、ごみ箱を置きません。

得にお客様が入るサロット(お客さんを招待して食事をするダイニングテーブルが置いてある部屋。普段の食事はキッチンにおいてあるテーブルでとる)には絶対置いてありません。

なぜなら、ごみ箱にごみがすててある状態のものが置いてあるのは、美的ではない、という考え方のようです。

シンクの下の扉の中にごみ箱が収納されていて、ごみはそこに捨てるのが一般的です。

 

知り合いのシニョーラの貸しアパートに部屋を借りて泊まった時のこと。

バスルームにごみ箱があったのですが、そのごみ箱があまりにもきれいでスタイリッシュなので、ごみを直に捨てるのが申し訳なく、自分でスーパーのごみ袋をかぶせておき、ごみを捨てておきました。

すると夕方にはそのスーパーのごみ袋が外されていました。

新しくまたごみ袋をかぶせておくと、また外されています。そしてその翌日も。

シニョーラにそのことを聞くと、

『袋をかぶせておくなんて、見た目が美しくないじゃない。』と。

ごみ箱の内側が汚れないよう、掃除の手間を少なくするため、利便性を考え袋をかぶせておくことより、バスルームの見た目の美しさを選ぶのか、と妙に感心した覚えがあります。

ちょっと生活を覗くと、イメージとは違った意外な面がわかって面白いですね。

 

 

 

茄子のパニーノ

茄子のパニーノ。

日本ではあまり見かけないけど、イタリアでは茄子をパニーノ、つまりサンドイッチの具によく使います。

夏にトマトソースをイタリアの家庭で仕込むように、

茄子のオイル漬けも良く作られます。

作り方はとても簡単。

茄子を5ミリ位の厚さの薄切りにして、茄子の重さの10パーセント強の塩とニンニクのスライスをお好みの量で一かけら、二かけら分位加えに一晩漬けます。

その後、茄子から出た水分を捨て、バジリコとミントの葉と白ワインヴィネガー(茄子の重さの20パーセント位)を加えてまた一晩。

そして、ひたひたになるくらいのオリーブオイルを加えて、出来上がり。

煮沸した瓶詰に詰めて、長期保存もできます。

出来上がった茄子のオイル漬けはニンニクの風味が食欲をそそり、ミントとバジリコがアクセント。

トマトやモッツァレラチーズと一緒にホットサンドにすると、まさにイタリアの味。

オリーブオイルがじゅわっとパンにしみこむのでバターいらず。

ヴィネガーの酸味が食欲を増します。

ゆでたジャガイモと合わせても美味しく(イタリア風マヨネーズを使わないポテトサラダ)、

またパスタのソースにもなります。

手軽にできる、イタリアの味。ぜひお試しを。

イタリアのメルカートで生ハムを買って食べる

イタリアでは、まだまだ冷房のない家庭が多くあります。

暑い夏。

なるべく火を使わないで食事を用意しようとするため、パスタや肉料理の代わりに、生ハムにサラダやパン、チーズというメニューの食事の頻度が高くなるようです。

イタリア修行時代、働いているレストランの賄いも、暑いから今日はパスタなしね!と、生のフィノッキオ(ういきょう、イタリア人は生で食べるのが好き)にオリーブオイルと塩、という日が週に2,3回位あり、苦しめられました。

当時の話は以前のブログに昔書きましたが、本当にきつかった!

生ハム、プロシュートはイタリアでは安いといってももそれなりの価格です。

スーパーで売っているスライスされてパックにされているものと、専門店でスライスして買う生ハムの味は全く別物です。

モデナでは、メルカートの中にお気に入りのお店があったので、いつもそこで買っていました。

甥っ子がJALのロンドン採用でクルーになったとかで、親日家のシニョーラに親切にしてもらっていました。

ハムは100gから売っていて、イタリア語の表示は4€/L’ettoという表示になっています。1ettoは100gという意味なので、100g4ユーロという意味です。500円ちょっとというところでしょうか。

注文するには、順番、列があるわけではありません。なので、自分が誰の後にその場に来たかを覚えておきます。

『キ トッカ?』次は誰?

『イオ』私!

という感じ。

外国人ということで、後から来た人に『私よ!』と先越されるというズルあったりするのですが、

モデナの人たちは優しく、周りの人が『この人の方が先にいたわよ』と言ってくれたりします。こんなこと、ほかの町ではあまりないのに、モデナやボローニャ、エミリアロマーニャの町では頻繁に経験しました。

『ウン エット ディ プロシュート ディ パルマ、ペル ファヴォーレ』

パルマ産生ハムを100gお願いします。

パルマ産といっても熟成何か月等色々あるので、ここは予算に応じて指でさせばOKです。

100g、4ユーロ位でとても美味しいものが買えます。

時にはお買い得品でカット済のものや切れ端を格安で1ユーロ位で売っていたりします。

100g1ユーロ。日本人には読みにくいのですがこれは『1』と 『ユーロ』の表示です。

注文はカットの好みがあれば伝えます。

『ソッティーリ、ソッティーリ』

超薄切り、

といつもオーダーするご年配のシニョーラがいました。

店主に聞くと、毎日かかさずお昼の12時頃に来て、切りたてのパルマ産生ハムをきっちり100g買って帰るそうです。

向こう側が透けてみえるような超薄切りが好みだそう。

イタリアに行く機会があったら、是非、市場で生ハムを買って食べてみて下さい。

パンも一緒に置いているお店もあり、そんなお店ではお願いするとサンドイッチにしてくれます。

 

今、店では、フリウリのサンダニエーレの生ハムをお出ししています。

修行先、エミリアロマーニャ州、パルマの生ハムは有名でとても美味しいです。

フリウリ・ヴェネチア・ジュリア州のサン・ダニエーレの生ハムは、

サン・ダニエーレ・フリウリというコムーネだけで作られています。

生産量はパルマに比べて圧倒的に少なく三分の一以下ではないでしょうか。

どちらもそれぞれの美味しさがあるのですが、せっかくなので、生産量が少なくデパートなどでも購入しにくいサン・ダニエーレ産をご用意しています。

店では注文が入ってから、ふんわり柔らかく、口の中で脂がとろけるように、薄切りにカットします。

 

ご近所の方は、UBERでの宅配注文もできますので、是非お試しを。

 

 

ティジェッラ(ティジェッレ)焼きました

ティジェッラ(ティジェッレ・複数形)は丸い手の平サイズの、
小麦粉や全粒粉に、ラルドと水と塩を加え
専用の器具で焼いたエミリア・ロマーニャ州のパンです。

その専用器具を入手して半年。

やっと焼きました。

イングリッシュマフィンのような丸形のパンに、横に切り目をいれ、好きなものをはさんで食べます。

 

昔モデナに住んでいた時、チェントロにティジェッレ専門店があり小腹がすいた時に、よく買っては歩きながら食べたものです。
ハムやチーズやヌテッラなど、挟む具によって値段が変わります。

モデナのペーストと呼ばれるラルドとニンニク、パルミジャーノ・レッジャーノとローズマリーを合わせたものが一番人気。

熱々の焼き立てのティジェッラでラルドの脂がじゅわっと溶けて、それが生地に染み込み、これは太りそうだな、と思っていても、ついつい食べてしまいます。

このティジェッラ、もともとはモデナの山の方で食べるられていたそうです。
白いパンが食べられない貧しい時代に全粒粉で作った、とモデナの山の方の出身の友人に聞いたことがあります。

ティジェッラを焼く器具がたいてい4枚か7枚用なので、一度に沢山焼くことができないので、今はあまり家庭で作らなくなったと聞いたことがあります。パン屋ではほとんど見かけません。

大量生産用のものがスーパーで売っていますが、これは残念ながら味の方はいまいちです。

モデナの旧市街では、ニョッコフリットと同じくティジェッラも食べられるお店は見つけにくいのですが、タクシーで10ユーロほどかけて郊外に行けばニョッコフリットやティジェッラを出してくれるお店があります。

他の地方では食べられないエミリア・ロマーニャ州のパン、ティジェッラ。

とてもおいしく焼けたので、これから店で出していこうと思います。

モデナのペーストも作ったので、お楽しみに!

 

 

ボローニャのお勧めレストラン その2

ボローニャでは民泊、Airbnbの『casa di zoe』に以前泊まりました。

その時の記事はこちら

そのオーナー、ラウラさんお勧めのレストラン。アパートが面している道を北西に徒歩5分です。

予約必須。

1937年創業の『Torattoria da Me』トラットリア・ダ・メ。

da Me というのが私の、私の家、という意味なので、

我が家のトラットリア、みたいなイメージの店名でしょうか。

祖父母が戦前にオープンした小さな食堂をお孫さんが引き継いで、

今では地元で人気のレストランです。

 

trattoria da me

 

栗のパッサテッリとラディッキオと茸、パルミジャーノのソース

 

カルチョーフィを詰めたウサギのロースト、ジャガイモのソース

 

カルチョーフィとパルミジャーノのクレーマ こちらは、肉の入っていないメニューをお勧めして出してもらった一皿。

 

仔豚のロースト

 

パンナコッタ

活気がある、可愛らしい雰囲気の店内。

典型的なボローニャ料理に一工夫加えた美味しい食事を楽しめます。