イタリア紀行2

先日イタリア修行に旅立った、元スタッフ、石井。

フィレンツェにしばらく滞在予定で、日本からアパートも確保。

日本からの飛行機が着くミラノでの滞在を数日間楽しんだ後、フィレンツェへ移動。

ところが、当日約束の時間にアパートに行っても、

知らされていた住所に大家さんの名前はなく、電話をかけても誰も出ず。

1時間、2時間、、。

アパートの5階から1階まですべての家の呼び鈴を鳴らし、大家さんの名前を聞くも、

インターフォンからの返答は『知らない』と。

 

この話を聞き、イタリアという国の洗礼を受けたな、と思いました。

 

僕自身、似たような経験をしていたからです。

修行先、『リゴレット』で働き始める日、緊張してレッジョーロの駅に降り立ちました。

当時『リゴレット』はミシュランの1つ星レストランでしたが、リゴレットのあるレッジョーロの街は、

当時住んでいたモデナからローカル線で数時間に1本という田舎町でした。

駅から5キロの距離にあるレストランまでは、シニョーラが車で迎えに来てくれる約束でした。

ところが、駅で降りる人も、駅前にも、誰もいない無人駅。

『リゴレット』に電話をしても誰も出ず。

駅前に1軒だけあるバールで時間をつぶし、しばらくして電話しても変わらず。

 

レッジョーロの街にはタクシーはないので、しょうがなく、5キロの道のりを1年分の荷物を詰めたスーツケースを引き摺りながら

『リゴレット』に歩いて行きました。

 

ところが、

・・・

レストランの電気は消え、誰もいない。

待つこと1時間、2時間。

電話には誰もでなく、そしてレストランには誰もいない。

結局、近所の人に連絡をとってもらったところ、シェフの奥さんの親戚が急に亡くなり、この日はレストランを休業したそう。

それにしても、

メモを貼っておいてくれるなり、コックの寮の誰かに伝えてくれるなりしてもよさそうなものの、、。

 

石井は、と言うと、

大家さんのメールアドレスを知らされていたことを思い出し、『アパート前で待っている』と大家さんにメールを送り、

そのメールが携帯に転送されたのか、それを見た大家さんが迎えに来たそうです。

住所が間違っていたのか、2軒先の建物で、

大家さんは用事があったので約束の時間に家に戻れないことを電話したけど、電話が通じなかった、と。

イタリアらしい、イタリア生活のスタートを切ったようです。

 

 

 

 

イタリア紀行1

今まで5年半リゴレッティーノを支えてくれた石井がイタリアに旅立ち約10日。

無事にミラノに着き、ミラノ滞在を満喫した様子。

 

ルイーニのパンツェロッティも食べたとのこと。

ドゥオモからすぐ近く、1888年南部プーリアから北部ミラノに移民したアゴスティーニ・ルイーニ氏の

老舗の揚げパン屋、『ルイーニ』

南イタリアのプーリア出身のルイーニさんが故郷の味、モッツアレラチーズとトマトの入った揚げピッツァ、パンツェロッティを

ミラノで紹介したところ人気になったお店です。

パンツェロッティをミラノに広めたとして、

その歴史的功績?をミラノ商工会議所やロンバルディア州政府から認められ賞をいくつかもらっています。

ミラノで働くイタリア南部出身者に、故郷の味を与え心を癒してきたと言われています。

 

僕がイタリアにいた時代はすごく古ぼけた昔風の店だったのに、調べたらいつの間にか改装して、今時のお店になっていました。

今はミラノにもナポリ風のピッツァを食べられる店は色々あり、

その存在、その味は、もしかしたら特別ではなくなったかもしれません。

でも以前は、十数年前でさえ、南に行かないと塩気がしっかりきいたもっちりしたの生地のピッツァはなかったんです。

そんな中、店が変わりながらも(多分今は三代目が店をやっているはず)、

新しい世代に、外国からの観光客に受け入れられ、ずっと続く、

それは素敵なことだと思います。

 

さて、ミラノを楽しんだ後、石井はしばらく滞在する予定のフィレンツェに移動。

そこでイタリア式洗礼を受けることに。

 

 

 

ボローニャの食事箇所等の情報

備忘録を兼ねて、ボローニャのカフェ、レストラン情報です。

Vineria Favalli』ヴィネリア・ファヴァッリ

St Stefano5/a

自然派ワインが豊富に揃うワインバー

 

Sfoglia Rina』スフォリア・リナ

via Castiglione5/a

詰め物パスタ等伝統的なエミリア・ロマーニャのパスタを食べられる

 

『Piglia la Puglia』ピリア・ラ・プーリア

Reno9/b

カンノーロやプーリア州のお菓子が買える

 

Forno Brisa』フォルノ・ブリーサ

Via galliera34/d

色々な具がのったフォッカッチャやハードパン、焼き菓子

 

Galliera’49』ガリエラ49

2005年オープンの素材にこだわったジェラテリア、雑誌にもよく載っている

フォルノブリーサの向い、11月から冬期休業

Cremeria St.Stefano』クレメリア・サン・ステファノ

ガンベロロッソで3コーンのジェラテリア

 

L’arcimboldo』アルチンボルド

伝統料理を現代風にアレンジ、若いシェフでイタリアの料理雑誌にも載っている

 

 

以前記事を書いた3軒

Da Pietro

Borgo979

Trattoria  da Me

 

ヴェネチアの食事場所の情報等

ヴェネチアに行ったときに行こうと思っていた、レストラン等の情報で備忘録を兼ねています。

友人やお客様から聞いたメモをまとめています。

『Osteria a Diavoli e L’aquasanta』

sestiere San Polo 561b

ビゴリ・イン・サルサやベネチア風フェガトなどヴェネト料理を食べられる。バーカロ。

Osteria Al Portego

チケーティが種類多い。観光客も多いバーカロ。

Alle Testiere

Castello 5801

魚料理で評判が良い。予約が取りにくい?11月ならヴェネチア名物モエケ(脱皮したてのカニ)が食べられるかも

Ristorante Locale

Castello 3303

洗練された料理のリストランテ。イタリアの雑誌によく取り上げられている。

 

随時情報は追加していきます。

フィレンツェの食事場所の情報等 ※10月27日更新

イタリアに行った時に休憩にちょっと便利かな、と思えるカフェやワインバー、行こうと思ったレストラン等を備忘録を兼ねて紹介します。

イタリアに住んでいる友人からの情報や、しょっちゅう仕事でイタリアに行っている友人や食に詳しいお客様からの情報をメモしていたのですが、それを少しずつまとめていきたいと思います。

フィレンツェ

Casa del Vino』カーサ・デル・ヴィノ

中央市場の裏側、サンロレンツォ教会近くの気軽な老舗ワインバー。 昼営業で夜は金曜と土曜しか営業していない。

Ino』イノ

ウフィツィ美術館近くのオーダーサンドイッチ屋。 日本人の店員さんがいるとか。

Trattoria Armando』トラットリア・アルマンド

日曜、月曜昼休み

1957年オープン、日本のガイドブックにもよく紹介される老舗トラットリア、フィレンツェの伝統的な料理を楽しめる。

フィレンツェ名物、肉のフリットあり。

『Olio e Convivium』オリオ・エ・コンヴィヴィウム

Via S.Spirito 4

惣菜が買え、奥の席で食事もできる。

Le Volpi e l’uva』レ・ヴォゥピ・エ・ルヴァ

Piazza dei Rossi 1

日本人スタッフのいるワインバー、ヴェッキオ橋渡った左岸。グラスワインが豊富でテイスティングセットもあり。

ワインレクチャー講座なども。

具材をパンの上に乗せたオープンサンドイッチのクロストーネが色々ある。11時から21時まで昼休みなくオープン。

Osteria Personale IO』オステリア・ペルソナーレ・イオ

Borgo San Frediano 167/r

洗練された料理と雰囲気のリストランテ。

Gusta Pizza』グスタ・ピッツァ

左岸、サントリニタ近く。フィレンツェでピッツァが食べたくなったら。

『Bartolini』

via dei servi 30v

調理道具の店。

Osteria Cipolla Rossa』オステリア・チポッラ・ロッサ

Via dei Conti 53/r

メディチ家礼拝堂すぐそばのビステカや生肉のタルタルが食べられる店。

Risorante da Lino』リストランテ・ダ・ディーノ

Via Santa Elisabetta 6v

ドゥオモのすぐ近く。ビステカ、仔牛の脳みそなども食べられる。

 

自分が行くかどうかは別にして、有名店で老舗『ソスタンツァ』『チブレオ』や『ガルガ』。

昔から今でも人気で間違いないと思います(どこもサービスはイタリア式なので日本的なものは求めない方が良いですが)

追記

元スタッフ、フィレンツェ滞在中の石井のお勧めパニーニ屋さん。