日本人にも訪れてほしい!イタリア、ヴェローナのお勧めレストラン、プント・ローザ

ヴェローナはシェイクスピアのロミオとジュリエットの舞台として有名で、ユネスコの世界遺産にも登録されていて、

1年中観光客が訪れる街です。

特に夏の時期、野外劇場アレーナでのオペラシーズンはは観光客で溢れかえります。

ヴェローナはヨーロッパ中、いえ世界中から観光客が集まる観光都市のため、食事場所には困りません。

アレーナに隣接するブラ広場には気軽に食事のできるセルフサービスのお店が並んでます。

でもせっかくのイタリア滞在、本場のイタリア料理、それもヴェローナの伝統的な料理が食べたい、

でもレストランのオープン時間は19時、旅行の移動の疲れからもっと早い時間に食事をとりたり、それまで待てない、

という時に、是非利用してもらいたいオステリアが、ブラ広場から徒歩5分の

Il Punto Rosa

プント・ローザ

Via Fratta 12/A Verona

表通りからちょっと奥に入ったレストランで、普通のレストラン、トラットリア、オステリアはランチとディナーの間に休みがあるのですが、このお店はなんと11時から夜の23時半までずっと通して営業しているのです。

でもそういうお店って、出来合いのものを出すレストランでしょう、、と思うかもしれませんが、お店のHPやインスタグラムを見てもらえばわかりますが、なかなかしっかりした美味しい伝統料理を楽しめます。

お勧めは、

 

サルシッチャとトマト、ローズマリーのビゴリ。

ビゴリというのはヴェネト州で良く食べられるモチモチした香川のうどんのような食感が楽しめるパスタで、

ビゴリ専用のパスタの器具で作られます。

これは万人受けする一皿で、間違いなく美味しいです。

 

アマローネのリゾット。

こちらは二人前からオーダー可能です。ヴェネトの代表的高級ワインアマローネを使ったリゾット。

この地方でしか食べられない一皿です。

お米はしっかりアルデンテ。

 

馬の煮込みとポレンタ、ポレンタ添え

ヴェネト州では馬肉をよく食べます。

ポレンタはトウモロコシの粉を水やブロード、牛乳で練ったもので、ヴェネトではよく食べられます。

煮込み料理に添えられ、そのソースとからめて食べます。

トロトロに煮込んだ馬肉とトロトロのポレンタ。

これはなかなか他のイタリアの州では食べられない一皿です。

 

ワインはヴェネト、地元産の発泡ワイン、プロセッコがお勧め。

ボトルでお手頃価格で色々なワイナリーのチョイスがあります。

知らないワイナリーが多かったので、

お勧めされてオーダーしましたが、いくらだったかな、忘れましたが、25ユーロとか、3000円位のものだったと思います。

 

イタリアではあまりグラスワインはポピュラーでなく、特にトラットリアやオステリアではチョイスがないのですが、1階のボードに色々書かれていて、なかなか美味しいワインがラインナップされています。

リヴィオフェルーガのシャリスがグラスで3ユーロ!だったりして、一人の食事でもワインが楽しめそうです。

 

サービスはとってもフレンドリー。

客層は地元の家族、イタリア人のカップル、外国人観光客、イタリア国内の観光客、様々です。

日本ではガイドブックでは紹介されないようなお店なので、訪れた時に日本人はいませんでした。

予約は必須です。

是非ヴェローナで、美味しく楽しい食事を気軽楽しんでください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です