イタリア、ボローニャのお勧めレストラン その3

食の都と言われる、エミリア・ロマーニャ州、ボローニャで美味しいレストランは沢山あれど、

チーズや肉がふんだんに使われているこの地方の郷土料理を、昼、夜と2回、レストランで食べるには、日本人にとってはなかなかきついです。

以前に紹介したボローニャ郷土料理のトラットリアの記事はこちら。

ボローニャのお勧めレストランその1 ダ・ピエトロ

ボローニャのお勧めレストランその2 トラットリアダ・メ

 

郷土料理は食べたい、でもそんなに量は食べられないし、時間もそんなにかけたくないし、軽く食事をすませたい。

そんな時お勧めなのが、エミリア・ロマーニャ州の名物を軽く食事ができるお店。

『ボルゴ979』

『Borogo979』

Via Goito 12/a Bologna

マジョーレ広場から駅方向へインディペンデンツア通りを北に進み、東に少しはいったところです。広場から徒歩5から6分位。

 

 

タリエーレ・ローゼ ハムの盛り合わせ 真ん中にはチーズとハムのペースト 10ユーロ

 

トスカーナのシエナのチンタセネーゼの生ハムや、ボローニャのハムのモルタデッラ、サラミ、チーズと美味しい地ワインとともに、ちょっと変わったエミリア・ロマーニャ州の山の地方のパン類クレープ類のティジェッレ、チャッチ、ネッチ、ピアディーネが食べられます。

 

4種のティジェッレ 2.5ユーロ

イングリッシュマフィンのような形をしたティジェッレを、横にナイフを入れ、ハムを挟んで食べます。

 

チャッチ

ひよこ豆の粉で作ったクレープのようなもの、チャッチ。

 

ネッチ

栗の粉で作ったクレープ、ネッチ。

クレープの中身は茸のソテーやチーズ、サルシッチャ、ハム等数種類から選べます。

ヌテッラ等甘いソースを挟んだものもありました。

 

その他に本日のパスタやサラダやお肉のグリルなどもあります。

レストランと違って小さなキッチンで作っているので、ここのお店ではパンやハム、サラダなどをオーダーするのが良いでしょう。

英語メニューはありませんが、若い感じの良いお店の人が、お勧めを教えてくれます。

ワインは地元のワインをグラス、カラフェ、ボトルから選べます。

地葡萄ピニョレットの微発泡白ワインがお勧めです。ボトルで15ユーロ位。

火曜日定休。平日はランチとディナーの間に休みがありますが、土日は休憩なく11時半から23時まで通して営業しているので、

観光やショッピングでランチタイムを逃した、とかオペラの後、軽く食事をしたい、などという時にもぴったりです。

 

エミリア・ロマーニャはイタリアで一番美味しいジェラート屋さんが多い?

イタリアのレストランのガイドブック、ガンベロロッソはフランスのミシュランに比べ、

庶民的なトラットリアや小さなレストランも載せているのでイタリア国内食べ歩きの時によく参考にしていました。

ワインのガイドブックも発行していて、ワインを調べるときに参考にしていたのですが、一昨年から日本語バージョンも発売になっています。

そんなガンベロロッソですが、日本ではあまり知られていませんが、イタリアンジェラートのガイドブックを出しています。イタリア人のジェラート愛を感じるガイドブックです。

イタリアのジェラート業界はこの十数年でものすごく発展し、本当に美味しい旬の果物や産地を厳選した品質の良い材料のみを使った、本物のイタリアンのジェラートを出すジェラテリアをこのガイドブックは紹介しています。

ジェラテリアだけに、星ではなく、コーンで評価をしていて、3つ星ならぬ、3つコーンのが最高とされています。

2018年は2017年より3つコーンのジェラテリアが3店舗増え、イタリア全土で40店舗になりました。

イタリアの州別にみると、2018年はエミリア・ロマーニャ州が3つコーンのジェラテリアが7店舗で、イタリア全州の中で一番になりました。

エミリア・ロマーニャ州の中でも、観光客の多いボローニャに2店舗も3つコーンのジェラテリアがあります。

Cremeria Scirocco

via Barelli 1/c

クレメリア・シロッコ、ボローニャ郊外のお店です。

観光客にとってアクセスは良くないのですが、ここはとても変わったジェラートのあるジェラテリアです。

甘くないジェラートがあるのです。

ツナと玉ねぎ、トマトとタバスコ、ペコリーノチーズ、カボチャと胡椒、、等々。

えっ?どうなんだろう、と思ってしまいそうですが、3つコーンをとっているお店、きっと美味しいに違いありません。とても興味があり行ってみたいジェラテリアNO1です。

Stefino

via S.Vitale 37

新しいくオープンしたジェラテリアが人気がある一方、オープンして20年。チェントロから近くマジョーレ広場から徒歩で5~6分。

営業時間が、13時30分から14時30分、18時30分から22時30分と観光客にはちょっと不便な時間帯にオープンしていますが、ビオにこだわり、グルテンフリーやラッテ・ディ・リゾ(お米のミルク、今イタリアジェラート界ではよく使われている)のジェラートも種類豊富です。グラニータも色々あります。

3つコーンがついているジェラテリアの他にもボローニャには美味しいジェラテリアが沢山あります。

アクセスが良いのが、

Oggi

Via UgoBassi 25

メルカード・デッレ・エルベの入り口にあります。

Galliera49

Via Galliera49/B

こちらもボローニャの中心にあります。昼の12時から夜中の12時まで通して営業しています。

カップで2種類のジェラート盛りで2,5ユーロです。

 

2軒ともビオにこだわった食材を使っています。

 

ジェラテリアは冬は休んでいるお店も多いので、行くときには営業期間を確認して行って下さい。

空気をたっぷり含んだイタリアならではのジェラート。

是非イタリア旅行時には本物のジェラートが食べられるお店でお試し下さい。

 

経堂イタリアン リゴレッティーノ

イタリア、ヴェローナのお勧めレストラン その2

イタリア人、地元の家族に人気のレストラン。

円形劇場、アレーナから徒歩5分です。

Il Cenacolo

Via Teatro Filarmonico, 10

 

チェナコロ。最後の晩餐という名前のレストラン。炭火焼が有名なレストランです。

かなり広い店内なのですが、日曜日のランチタイムに訪れたため、赤ちゃんや小さい子供を連れた家族連れで満席!

滞在しているホテル経由で行く直前に予約をしてもらいましたが、予約のない人は断られていました。

イタリアはコネ社会なので、レストランの予約をする時は、自分で予約をするよりホテルから予約をしてもらった方が良いです。ホテルからの送客、繋がりをレストランは大切にしているため、ホテル経由の予約のお客さんにはレストランはきちんと対応してくれます。

席につくとまず、サービスのプロセッコをグラスに注いでくれます。(日曜だけのサービスか、いつもなのかはわかりません)

それを飲みながらメニューを決めます。

前菜の盛り合わせ。

いくつかのお皿にわけて提供されます。

prosciutto

生ハム

verdure

野菜のグリル

melanzane

パプリカや茄子のマリネ

この他に写真に撮り忘れましたが、ゴルゴンゾーラがのったポレンタがありました。

全4皿で『前菜の盛り合わせ』15ユーロです。

 

ポルチーニと鴨のラグーのビゴリ。15ユーロ。

セコンドは写真を撮り忘れましたが牛肉のタリアータ(20ユーロ位)をオーダー。シンプルな味つけです。

牛肉の他にも豚肉、鶏肉を炭火で焼いた肉料理が中心で、シェアして食べるのも楽しいです。

サービスはとてもゆっくりです。担当のカメリエーレが来てくれるのをイタリア式におしゃべりしながら待ちましょう。

食後にサービスで出た小菓子。

気軽に家族で食事をするレストラン。

イタリア人の家族が休日に食事を楽しむ雰囲気の中で、イタリアらしい食事を楽しむのはいかがですか。

 

 

日本人にも訪れてほしい!イタリア、ヴェローナのお勧めレストラン、プント・ローザ

ヴェローナはシェイクスピアのロミオとジュリエットの舞台として有名で、ユネスコの世界遺産にも登録されていて、

1年中観光客が訪れる街です。

特に夏の時期、野外劇場アレーナでのオペラシーズンはは観光客で溢れかえります。

ヴェローナはヨーロッパ中、いえ世界中から観光客が集まる観光都市のため、食事場所には困りません。

アレーナに隣接するブラ広場には気軽に食事のできるセルフサービスのお店が並んでます。

でもせっかくのイタリア滞在、本場のイタリア料理、それもヴェローナの伝統的な料理が食べたい、

でもレストランのオープン時間は19時、旅行の移動の疲れからもっと早い時間に食事をとりたり、それまで待てない、

という時に、是非利用してもらいたいオステリアが、ブラ広場から徒歩5分の

Il Punto Rosa

プント・ローザ

Via Fratta 12/A Verona

表通りからちょっと奥に入ったレストランで、普通のレストラン、トラットリア、オステリアはランチとディナーの間に休みがあるのですが、このお店はなんと11時から夜の23時半までずっと通して営業しているのです。

でもそういうお店って、出来合いのものを出すレストランでしょう、、と思うかもしれませんが、お店のHPやインスタグラムを見てもらえばわかりますが、なかなかしっかりした美味しい伝統料理を楽しめます。

お勧めは、

 

サルシッチャとトマト、ローズマリーのビゴリ。

ビゴリというのはヴェネト州で良く食べられるモチモチした香川のうどんのような食感が楽しめるパスタで、

ビゴリ専用のパスタの器具で作られます。

これは万人受けする一皿で、間違いなく美味しいです。

 

アマローネのリゾット。

こちらは二人前からオーダー可能です。ヴェネトの代表的高級ワインアマローネを使ったリゾット。

この地方でしか食べられない一皿です。

お米はしっかりアルデンテ。

 

馬の煮込みとポレンタ、ポレンタ添え

ヴェネト州では馬肉をよく食べます。

ポレンタはトウモロコシの粉を水やブロード、牛乳で練ったもので、ヴェネトではよく食べられます。

煮込み料理に添えられ、そのソースとからめて食べます。

トロトロに煮込んだ馬肉とトロトロのポレンタ。

これはなかなか他のイタリアの州では食べられない一皿です。

 

ワインはヴェネト、地元産の発泡ワイン、プロセッコがお勧め。

ボトルでお手頃価格で色々なワイナリーのチョイスがあります。

知らないワイナリーが多かったので、

お勧めされてオーダーしましたが、いくらだったかな、忘れましたが、25ユーロとか、3000円位のものだったと思います。

 

イタリアではあまりグラスワインはポピュラーでなく、特にトラットリアやオステリアではチョイスがないのですが、1階のボードに色々書かれていて、なかなか美味しいワインがラインナップされています。

リヴィオフェルーガのシャリスがグラスで3ユーロ!だったりして、一人の食事でもワインが楽しめそうです。

 

サービスはとってもフレンドリー。

客層は地元の家族、イタリア人のカップル、外国人観光客、イタリア国内の観光客、様々です。

日本ではガイドブックでは紹介されないようなお店なので、訪れた時に日本人はいませんでした。

予約は必須です。

是非ヴェローナで、美味しく楽しい食事を気軽楽しんでください。

 

 

イタリアのお米料理

イタリアではパスタのほかにお米もよく食べます。

プリモピアット、料理の第一の皿としてリゾットを食べます。リゾットを食べるときはパスタは食べません。

店でもよくリゾットはメニューに組み込んでいます。

リゾットはコースの一皿としてお出しする他、お通しとして一口サイズで冷やしてご用意することもあります。

日差しが強くなり、夏が近づいているのが感じられる頃、イタリアでよく食べられる一皿が、

Insalata di riso、インサラータ・ディ・リゾ。
お米のサラダ。

 

レストランのメニューやお惣菜屋さんにも登場。
そして、家庭で簡単に茹でたお米に合わせるインスタントの具材のビン詰め(日本でいうとチラシ寿司のもとみたいな感じ)のコマーシャルがテレビで頻繁に流れ始めるのが今の時期。

イタリアの夏も日本と同じく暑い。
キッチンにエアコンのある家はそれほど多くなく。

暑さのせいで食欲がないときでも、ヴィネガーがきいた酸味のある
お米のサラダはイタリアでは夏の定番。

豊富な具で、栄養もしっかり摂れる、お得で旬な一皿です。

 

お米のサラダというのは、具を作るのに結構手間がかかるんです。

アーティチョークの仕込み。

大きくても周りの皮を剥いて、剥いて、剥いてとなると、残ったものはほんの少し、
使えるのは本当に小さい芯だけ。灰汁で手は真っ黒になります。

アーティチョークを皮を剥いてマリネして、小海老の殻剥いて下処理して茹でて、グリーンピースをまたこれも剥いて茹でて、きのこも茹でてマリネして、スカモルツァチーズは小さく切って。

というわけで、イタリアでは暑い夏、そんなに料理に手間かけてられない、という人はレストランでオーダー、またはお惣菜やで買ったり、瓶詰めの具を使って我慢したり。

 

ほかにイタリアで人気のお米メニューは、お米のデザート。

イタリアのお米をコトコト、ミルクで煮て
冷やして食べるドルチェ。

イタリア、スペイン、フランスその他ヨーロッパの国々では
お米を使ったデザートを食べます。

個人的に好きだったのは、このミルク煮と、
お米のタルト。

あと、お米のプリンは結構メジャーなデザートで、
スーパーでも、プリンとかヨーグルトと並んで売られているのを
見かけましたよ。