イタリア紀行7 フィレンツェのお勧めパニーニ

イタリア修行に行っている元スタッフ石井が、フィレンツェ町中の色々なお店でサンドイッチ、パニーニを食べ歩いてるよう。

そこで特におすすめの3店をご紹介。

『Nobile Bistro』ノービレ・ビストロ

Piazza di Madonna degli Aldobrandini 13

ドゥオモ北西にあるサンロレンツォ聖堂の近く。

石井はお店のおじさんと仲良くなるほど、しょっちゅう通っている1番のお勧めだそうです。

左側にランプレドットと看板が出ていますが、

これはフィレンツェ名物、牛の第四の胃袋の煮込みのサンドイッチがあります、ということ。

ノービレのランプレドットとラルド、ペコリーノのサンドイッチ

フィレンツェのあるトスカーナ州ではモツ料理をよく食べるのですが、

レストランで見かけるのはせいぜいトリッパの煮込み位。

このランプレドットに関しては、町中にある屋台やサンドイッチ屋さんでのみ見かけるような気がします。

石井の報告によると、最近フィレンツェはパニーニブームなようで、

色々なおしゃれな美味しそうなパニーニが人気なお店が沢山あるそうです。

 

2軒目、驚いたのがこちらの店。

All’antico Vinaio アンティコ・ヴィナイオ

Via dei Neri 74R

ウフィツィ美術館すぐ近く

え、この外観、この店、15年前初めてフィレンツェに行ったときに寄った昔ながらのワインバーじゃないか?

当時は朝からコップでワインを飲むような労働者系の地元客が多く、でも1ユーロで美味しいクロスティーニがあり、お惣菜も温めてくれて、小さなカウンターで寒い中、トマトとパンのスープ、パッパで身体を温めたのを思い出しました。

石井に伝えると、

「今はすごい行列のできてるパニーニ屋さんですよ。午前中に行ったからすぐ買えましたけど、お昼は待ち時間が大変です。」とのこと。

5ユーロで好きな具材を挟めるそうで、巨大なパニーノは少食な人には食べきれないくらいのボリュームだそうです。

 

3軒目は、

『I fratellini』イ・フラテリーニ

via dei Cimatori 38/r

ドゥオモからウフィツィ美術館に行く間、シニョーリア広場の少し北、

町の中心にあります。

日本語のメニューもあるそう。

生のサルシッチャと茄子のパニーノ

トスカーナの人達は生のサルシッチャ、つまり、生のソーセージが大好き。

でも豚肉なので、生では食べないように、と警告されているにも関わらず、

結構皆生で食べます、、。

でも公には多分売ってはいけない気がするのですが、大丈夫なようですね、、。

ここのお店以外では生のサルシッチャはみかけない、と石井も言っていました。

レストランでパスタや肉料理を食べるのに疲れたら、

こんな昼食もお勧めです。

 

イタリア紀行6 フィレンツェで自炊

イタリア修行に行った元スタッフ石井が、

イタリア生活の様子をラインで報告してくれ、

イタリア的な生活ぶりがなかなか面白いので、皆さんにも報告しているイタリア紀行。

今回は自炊している様子をご紹介。

フィレンツェの中央市場で買い物を。

黒キャベツ等の野菜、すべてで2ユーロ、260円位。

欲しいものを、必要な量だけ、量って買うことができます。

このくらいほしい、というと量りにかけてくれ、黒キャベツは200gだから1.59ユーロ、玉ねぎは70gだから0.9ユーロね、のような感じで売ってくれます。

黒キャベツは日本ではなかなか手に入らず高級野菜ですが、イタリアではポピュラー。

トスカーナではズッパに欠かせない野菜です。

ヨーロッパは土にミネラルが豊富に含まれている土壌も多いため、そこで育つ野菜はミネラル豊富。市場には有機栽培をしている野菜を扱うお店も多く人気があります。

セロリがしょっぱい、人参が甘い、肉も味が濃い、との報告。

鶏肉は丸ごと購入。1キロ4ユーロ、だいたい500円ちょっと。

モモはビールトマト煮込み、胸は鶏ハムに、ガラでブロードをとったそう。

黒キャベツはガラからとったブロードと赤ワインと合わせてパスタソースに。

 

フィレンツェ生活を楽しみながら調理しているようです。

市場では手頃な値段で野菜や肉を買うことができます。

今はAirbnb等、キッチン付きの滞在先も簡単に見つけられます。

ボローニャでのAirbnb滞在記はこちら

市場で買い物をして、それを調理する、イタリア生活を楽しみながらの旅行も良いですね。

 

イタリア紀行5 シエナのお勧めレストラン

シエナに観光に行った元スタッフ石井のお勧めレストラン。

『バゴガ』 Bagoga
via della Galluzza 26

チェントロにある1973年オープンの地元で人気のトスカーナ料理を出す老舗レストランです。

日本にもフェアで呼ばれたこともあるそう。

定番のトスカーナ風前菜の盛り合わせ。

オリーブオイル、トマト、レバーのクロスティーニ、

猪のサラミ等トスカーナ名物のハム類。

 

シエナの名物といえば、ピチ。

うどんのような卵を使わない白い極太の手打ちパスタです。

猪のラグーのピチ。

 

カメリエーレは、イタリア語もあまりできない一人客に対してとても感じが良く、

ちょっと稀に見る素晴らしいサービスマンだったそうです。

最後はカフェをご馳走してくれたそうです。

 

他のお勧めレストランは、

『オステリア ラ キアッケラ』Osteria la Chiacchera

こちらは老舗のオステリア。

フィレンツェからのバスの到着場所近くのサンドメニコ教会からすぐ、チェントロに向かう

途中の坂道にあります。

狭い店内に狭い席、紙ナプキンがいかにもイタリアらしく、メニューは読みにくいイタリア語。でも値段は観光地シエナの中ではとびきり安く、プリモは6ユーロ、セコンドは10ユーロ以内という価格。

素朴で美味しいシエナ料理を楽しめます。

常連さんも多く、『いつもの』というオーダーも。

『パペイ』Papei

カンポ広場裏のレストラン。席数も多く、ガイドブックにもよく出ています。

本当に旧市街の中心にあり、場所柄観光客も多いのですが、味の方がなかなかです。

お勧めはcostoleccio di maiale  豚肉のリブの炭火焼き。

シンプルで美味しいです。

 

 

イタリア紀行4 シエナのお菓子、パンフォルテ

シエナの伝統的なお菓子、パンフォルテ。

元スタッフ石井がシエナで買ったパンフォルテ。 ラインで画像を送ってくれました。

 

フォルテは強いという意味で、直訳すると『強い、固いパン』

日持ちのするパン、という意味です。

中世から作られているお菓子で、

ナッツやドライフルーツ、ナツメグや胡椒、シナモン、等のスパイス、ハチミツを合わせて火にかけ、

オーブンで焼いた、固く、噛むとねっとりとしたヌガーのようなお菓子です。

 

中世の宿場町として栄えたシエナ。

交易の重要拠点でもありました。

ローマと北ヨーロッパを結ぶフランチェジーナ街道が通っており、

そのためスパイスも手に入りやすかったのでしょう。

日持ちのするパンフォルテをシエナで旅人は購入し、

道中、食料がないときに腹持ちのするナッツやドライフルーツのぎっしり入ったパンフォルテを少しずつ食べたとか。

 

シエナに住んでいる若い人たちはあまり好まないお菓子です。

でも、生粋のシエナっ子の家庭では、よく食べられます。

シエナで生まれ育ったシエナの人達のシエナ愛はものすごく強く(夏のお祭り、パリオで炸裂、それはまた次に)

当然、パンフォルテもシエナの重要都市国家としての歴史を誇るお菓子。

誇りに思ってます。

食後のデザートとして、

カフェや食後酒のヴィンサントとともに楽しんだりします。

 

イタリア紀行3 シエナへ

イタリアに修行に行った元スタッフ石井からのラインがあると、

自分が初めてイタリアを訪れた時、新鮮に感じたことなどを思い出します。

同居するイタリア人大家さんが、ものすごく綺麗好きだそうで、

以前ブログにも書きましたが、そうそう、イタリア人の家庭のキッチンって本当にピカピカなんだよな、と思ったり、

まな板が家にない、と聞けば、そうそう、器用に小型ナイフと手を上手く使って、何でも空中で切っちゃうんだよね、と思い出したり。

自分も同じ事に驚いていたな、と懐かしく感じます。

 

週末には、フィレンツェからシエナに日帰り旅行に行ってきたそうで、

イタリア生活を楽しんでいるようです。

シエナは旧市街が世界遺産にも登録されている小都市で、フィレンツェから1時間半位で行けるので、

お勧めです。

 

 

シエナのシンボル、狼に育てられた双子、ロムルスとレムス。ロムルスがローマの都市を作り、ロムルスに殺されたレムスの息子が北に逃げ現在のシエナを作ったという言い伝えられている。

 

 

バスでも列車でも行けるのですが、バスの停留所は旧市街から徒歩7~8分で行けるのに対して、

列車の駅は旧市街から離れています。

以前は列車で行くと、駅でなかなか来ないタクシーやバスを待たなくてはならなかったのですが、

今は駅前から旧市街入り口までエスカレーターがあるそうです。

石井が送ってくれたシエナの旧市街へのエスカレーターの入り口の写真

渦巻のマークは、『Centro』旧市街の意味で、このマークを目指して行けば、

旧市街に到着できます。

こんな感じで、エスカレーターをいくつか乗り継いで10分ほどで着くそうです。

便利になったもんだと驚きです。