宮崎、日南のねこやさんの黒舌平目

故郷宮崎の日南から黒舌平目が巨大な届きました。

炭火焼にして、

茄子とアーモンドのソースと合わせています。

ランチ、ディナーともにメインの魚料理でご用意しています。

 

小田急線、経堂のイタリアン リゴレッティーノ

イタリアの4種のチーズと葡萄のデザート

新しく始めたディナーのドルチェです。

イタリアの4種のチーズと葡萄のデザート。

リコッタチーズのトルティーノの上には、
ゴルゴーラチーズとレーズンのジェラート。


それをマスカルポーネチーズのムースで包み、
パルメザンチーズとホワイトチョコレートの板を添えて。

葡萄のジュレとともにどうぞ。

タコとズッキーニ、ジャガイモのスパゲティー、レモン風味

本日のパスタです。

タコとズッキーニ、ジャガイモのスパゲティー。

丁寧にとった魚の出汁とアサリの出汁をベースにしているので、家庭のパスタとはちょっと違ったレストランの味に仕上がっています。

ミンチ状にしたタコとオイルとの相性が良いズッキーニ、

うまみがしみ込んだジャガイモ。

後味にほんのり香るレモン。

ランチ、ディナーともにご用意しています。

暑い日々が続きますが、栄養しっかりとって体力をつけ、夏バテを防ぎましょう!

小田急線、経堂イタリアン リゴレッティーノ

イタリアのお米料理

イタリアではパスタのほかにお米もよく食べます。

プリモピアット、料理の第一の皿としてリゾットを食べます。リゾットを食べるときはパスタは食べません。

店でもよくリゾットはメニューに組み込んでいます。

リゾットはコースの一皿としてお出しする他、お通しとして一口サイズで冷やしてご用意することもあります。

日差しが強くなり、夏が近づいているのが感じられる頃、イタリアでよく食べられる一皿が、

Insalata di riso、インサラータ・ディ・リゾ。
お米のサラダ。

 

レストランのメニューやお惣菜屋さんにも登場。
そして、家庭で簡単に茹でたお米に合わせるインスタントの具材のビン詰め(日本でいうとチラシ寿司のもとみたいな感じ)のコマーシャルがテレビで頻繁に流れ始めるのが今の時期。

イタリアの夏も日本と同じく暑い。
キッチンにエアコンのある家はそれほど多くなく。

暑さのせいで食欲がないときでも、ヴィネガーがきいた酸味のある
お米のサラダはイタリアでは夏の定番。

豊富な具で、栄養もしっかり摂れる、お得で旬な一皿です。

 

お米のサラダというのは、具を作るのに結構手間がかかるんです。

アーティチョークの仕込み。

大きくても周りの皮を剥いて、剥いて、剥いてとなると、残ったものはほんの少し、
使えるのは本当に小さい芯だけ。灰汁で手は真っ黒になります。

アーティチョークを皮を剥いてマリネして、小海老の殻剥いて下処理して茹でて、グリーンピースをまたこれも剥いて茹でて、きのこも茹でてマリネして、スカモルツァチーズは小さく切って。

というわけで、イタリアでは暑い夏、そんなに料理に手間かけてられない、という人はレストランでオーダー、またはお惣菜やで買ったり、瓶詰めの具を使って我慢したり。

 

ほかにイタリアで人気のお米メニューは、お米のデザート。

イタリアのお米をコトコト、ミルクで煮て
冷やして食べるドルチェ。

イタリア、スペイン、フランスその他ヨーロッパの国々では
お米を使ったデザートを食べます。

個人的に好きだったのは、このミルク煮と、
お米のタルト。

あと、お米のプリンは結構メジャーなデザートで、
スーパーでも、プリンとかヨーグルトと並んで売られているのを
見かけましたよ。