ボローニャのお勧めレストラン その2

ボローニャでは民泊、Airbnbの『casa di zoe』に以前泊まりました。

その時の記事はこちら

そのオーナー、ラウラさんお勧めのレストラン。アパートが面している道を北西に徒歩5分です。

予約必須。

1937年創業の『Torattoria da Me』トラットリア・ダ・メ。

da Me というのが私の、私の家、という意味なので、

我が家のトラットリア、みたいなイメージの店名でしょうか。

祖父母が戦前にオープンした小さな食堂をお孫さんが引き継いで、

今では地元で人気のレストランです。

 

trattoria da me

 

栗のパッサテッリとラディッキオと茸、パルミジャーノのソース

 

カルチョーフィを詰めたウサギのロースト、ジャガイモのソース

 

カルチョーフィとパルミジャーノのクレーマ こちらは、肉の入っていないメニューをお勧めして出してもらった一皿。

 

仔豚のロースト

 

パンナコッタ

活気がある、可愛らしい雰囲気の店内。

典型的なボローニャ料理に一工夫加えた美味しい食事を楽しめます。

ボローニャ、食の都と呼ばれる街でお勧めのレストラン その1

イタリアのボローニャは大好きな街です。

ヨーロッパ最古の大学があることから、学生の多い活気のある街で、そのためレストラン、カフェ、バー等も新しい店がどんどんオープンしています。

十数年以上前イタリアに滞在していた時に、すでに日本食料理のお店やおしゃれな寿司バーがオープンしたり、おしゃれなカフェや自然派ワインを出すワインバー等がありましたが、今はまた更に色々なお店があるようです。

そんな中、老舗の部類に入るお店?、『Da Pietro』は地元の人にも観光客にも人気のあるボローニャの伝統的な食事や手打ちパスタが楽しめるトラットリア。

予約は必須。

上から見ても下から見ても顔になるちょっとユニークがショップカード

ラディッキオとペコリーノ、梨のサラダ。

カボチャのスープ

ボローニャの定番、タリアテッレアルラグーボロネーゼ

 

スモークした2種のチーズをたっぷりかけたほうれん草の手打ちパスタ

ドルチェは写真がありませんが、家庭的なトルタがイタリアらしい素朴な美味しさです。

店内は席と席の間が結構狭く、にぎやかな感じですが、地元の人、観光客が入り交じって、楽しい雰囲気で食事ができます。

サービスもテキパキとしていて気持ち良く、英語も結構通じます。メニュー名さえわかれば、指差しでもいけます。以前お客様にお勧めしましたが、とても喜んで頂けました。

次は滞在したAirbnbのオーナーお勧めのお店を紹介します。

 

 

 

ただ今のランチのパスタ

シェフのお任せコース以外の、通常のランチはパスタ3種類、メイン料理3種類をご用意しています。

税込1650円のAランチはパスタを、2900円のBランチはパスタとメイン料理を選んで頂きます。

パスタは大抵、お肉を使ったパスタを1種、魚介または野菜を使ったパスタを1種、手打ちパスタを1種ご用意しています。

ただ今のランチのお肉を使ったパスタは、これ。

豚肉と松の実のスパゲッティー 小松菜のソース。

丁寧にとったブイヨンと小松菜を合わせソースにしています。

松の実の香ばしさと食感がアクセント。

 

宮崎県が誇る尾崎さんの尾崎牛

故郷宮崎の尾崎牛は何かしらメニューに常にあります。

例えば、シンプルに炭火焼。

 

煮込みにしてパスタのソースとしてラグー。

 

尾崎牛スジをカルボナーラにしたり、

尾崎牛のタンを68度で38時間かけてコンフィにしたり。

モツは煮込みにして、ひよこ豆で作った器に詰めて。

幻の和牛と呼ばれ、今や世界が注目する尾崎牛。

生産者の尾崎さんは、自分で食べたいと思う牛肉を目指し、

20年かけてかけて研究した自家飼料、天然湧水を与えてストレスなく育てた健康牛、それを30か月長期飼育することによって、胃もたれしない牛肉をつくりあげています。

初めて牧場に伺った際に尾崎さんが熱く語ってくれました。

修業したエミリア・ロマーニャ州ではあまり牛肉を使うことがなかったため、オープン当初は牛肉をメニューにのせることはありませんでした。

帰省で知った尾崎牛、尾崎さんの情熱に触れ、2009年からずっとメニューに尾崎牛をのせています。