ショートパスタ

ミッレリーゲという名前のパスタ。

市場によく出回っているリガトーニより少し太めのパスタ。

ミッレリーゲは『千本の線』、という意味ですが、

パスタに良くソースが絡まるように細い窪みの線が沢山入っているパスタです。

土、日、祝日のランチとディナーでご用意しています。

 

モデナの3コーニのジェラテリア、ブルーム

毎年1月にガンベロロッソのイタリアジェラートガイドが発表になります。

エミリア・ロマーニャ州は今年も変わらず、3コーニ(最高レベルのジェラテリアを3星ならぬ、コーンの複数形、『コーニ』で評価している)のジェラテリアがイタリア国内で一番多く、8店舗ありました。

モデナのチェントロにある3コーニのジェラテリア、『ブルーム』に石井が行ってきたそうです。

bloom

via Taglio 16 Modena

Pza.Mazzini 42 Modena

チェントロに2店舗あります。

2017、18、19と3年連続3コーニ。若いご夫婦で営むジェラテリアです。

この若さで3年連続3コーニ、2店舗目まで出店するなんてすごい!

こちらは最近できたマッツィーニ広場の店舗。

美味しい手作りのジェラートは材料の品質と鮮度が命。生ものと一緒の扱いです。
日本でお刺身の鮮度が重要視されるように、イタリアのジェラートも同じです。

果物も旬のものを使います。

旅行をしていて、簡単に美味しいジェラテリアかどうか見分けるコツ。

ジェラートが見えないこと。

ジェラートを保管する入れ物はプラスティック等ではなく、ステンレスの器、そして蓋が閉められているということは、品質に拘っているということです。

買う側としては、ジェラートを見て選びたいところですが、空気に触れさせて劣化させないためです。

壁にジェラートメニューが貼ってあります。

牛乳や卵を使っているか、森の果実ベリー類を使っているか、ヴィーガンか等、マークで印されています。

ガイドブックによると、今年のジェラートの傾向は原点回帰だそうです。最近はヴィーガンやお米のミルクを使ったもの、個性的なフレーバーが流行っていましたが、クラッシックに人気が戻りつつあるようです。

僕がモデナに住んでいた時は、美味しいジェラートはボローニャまで食べに行かなくてはならなかったのですが、街の中心にこんなジェラテリアがあるなんて羨ましいです。

石井の感想、

聞くまでもなく、とても美味しかったそうですよ。