茄子のパニーノ

茄子のパニーノ。

日本ではあまり見かけないけど、イタリアでは茄子をパニーノ、つまりサンドイッチの具によく使います。

夏にトマトソースをイタリアの家庭で仕込むように、

茄子のオイル漬けも良く作られます。

作り方はとても簡単。

茄子を5ミリ位の厚さの薄切りにして、茄子の重さの10パーセント強の塩とニンニクのスライスをお好みの量で一かけら、二かけら分位加えに一晩漬けます。

その後、茄子から出た水分を捨て、バジリコとミントの葉と白ワインヴィネガー(茄子の重さの20パーセント位)を加えてまた一晩。

そして、ひたひたになるくらいのオリーブオイルを加えて、出来上がり。

煮沸した瓶詰に詰めて、長期保存もできます。

出来上がった茄子のオイル漬けはニンニクの風味が食欲をそそり、ミントとバジリコがアクセント。

トマトやモッツァレラチーズと一緒にホットサンドにすると、まさにイタリアの味。

オリーブオイルがじゅわっとパンにしみこむのでバターいらず。

ヴィネガーの酸味が食欲を増します。

ゆでたジャガイモと合わせても美味しく(イタリア風マヨネーズを使わないポテトサラダ)、

またパスタのソースにもなります。

手軽にできる、イタリアの味。ぜひお試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です