イタリア紀行6 フィレンツェで自炊

イタリア修行に行った元スタッフ石井が、

イタリア生活の様子をラインで報告してくれ、

イタリア的な生活ぶりがなかなか面白いので、皆さんにも報告しているイタリア紀行。

今回は自炊している様子をご紹介。

フィレンツェの中央市場で買い物を。

黒キャベツ等の野菜、すべてで2ユーロ、260円位。

欲しいものを、必要な量だけ、量って買うことができます。

このくらいほしい、というと量りにかけてくれ、黒キャベツは200gだから1.59ユーロ、玉ねぎは70gだから0.9ユーロね、のような感じで売ってくれます。

黒キャベツは日本ではなかなか手に入らず高級野菜ですが、イタリアではポピュラー。

トスカーナではズッパに欠かせない野菜です。

ヨーロッパは土にミネラルが豊富に含まれている土壌も多いため、そこで育つ野菜はミネラル豊富。市場には有機栽培をしている野菜を扱うお店も多く人気があります。

セロリがしょっぱい、人参が甘い、肉も味が濃い、との報告。

鶏肉は丸ごと購入。1キロ4ユーロ、だいたい500円ちょっと。

モモはビールトマト煮込み、胸は鶏ハムに、ガラでブロードをとったそう。

黒キャベツはガラからとったブロードと赤ワインと合わせてパスタソースに。

 

フィレンツェ生活を楽しみながら調理しているようです。

市場では手頃な値段で野菜や肉を買うことができます。

今はAirbnb等、キッチン付きの滞在先も簡単に見つけられます。

ボローニャでのAirbnb滞在記はこちら

市場で買い物をして、それを調理する、イタリア生活を楽しみながらの旅行も良いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です