明けましておめでとうございます。

日本では年越しにはそば、お正月にはおせちですが、

イタリアでは年越しはザンポーネ、コテキーノと言われる料理が食卓にのぼります。

豚肉のソーセージのようなもので、肩、脚、首、頬など様々な部位を合わせた豚の挽肉にスパイスで味付けします。

それを豚足に詰めたのがザンポーネ、腸につめたものがコテキーノです。

マッシュポテトやポレンタ、新年にお金をもたらす、と言われているレンズ豆などを添えて食べます。

以前一度だけ、アレンジしてメニューに加えたことがあります。

カボチャのソース、

パルミジャーノ・レッジャーノのクレマと

フォアグラを合わせて。

2019年もイタリア料理の伝統を自分なりに表現した新たな料理を創っていきます。

今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です